♪♪はだか祭♪♪恵方ロール♪♪

せっかく頂いているコメントへのお返事が大変遅くなって申し訳ありません・・・。

そして、なかなか皆さんのところにも遊びに行けず・・・本当にごめんなさい。


しばらく、パソコンと格闘しておりました・・・。

身近にパソコンに詳しい人がいれば・・・とずっと頭を悩ませていました~。

何とか少し解決できましたが、少し環境も変わり・・・このウエブリブログにログインする為のIDやパスワードもしまい忘れたりで・・・もうやめざるを得ないのかも・・・と思っていましたが、見つけることができ、ほっとしながらこうして打っています。

さて~、皆さんから遅れた記事になりますが・・・。

厄除け!と言えば節分、皆さんも豆まきなどで鬼を追い払いましたか~~?

我が家も豆まき、恵方巻きで節分を楽しみながら厄払い。

今年は恵方ロールも作りましたよ~~。

画像


北北西を向いて無言で・・・ですが、ハナユメはやっぱり『美味しい!』と、どーしても喋っちゃう(笑)、仕方がないね~~。

豆まきも掃除に困らぬよう我が家はお豆を紙に包んで蒔きます。

ユメ鬼。

画像


ハナ鬼。

画像


色々な鬼が抜けてくれたかなぁ~。

そしてそして厄除け・厄払いと言えば、2月4日は我が市が誇る『はだか祭り』が行われました。

毎年旧暦の1月13日に執り行われ1240年もの歴史があるようです!!

今年は土曜日!!前厄のパパさんも出ようかなぁ~と。

ただ、ずっと寒い日が続き、前日も仕事から帰って来たのも11時過ぎ・・・出るとは言っていたけど当日も体調は大丈夫かなぁと半信半疑でした~~。

参加した事がある人に話を聞いても皆『もう懲り懲り~』『翌日は復活出来ないよ』と聞いていたから余計に大丈夫かなぁと。

が、朝ご飯を食べ、お風呂に入り勇ましく出かけて行きました!

さすが!!

私達は昼ご飯を食べてから、近くの公民館から出るパパさんを見に行きました~。

出陣式!

画像


笹には各家庭が厄除けの為に書いた色とりどりの奉納布(なおい布)が括り付けられ、町内の代表として参加する裸男達がなおい神事(はだか祭り)が行われる神社に奉納しに行ってくれるんです。

まずは、その笹を持ち、町内の氏神様4社を回ります。

画像


町内からは30人位参加していたのかな?

この日は晴れの日ではあったけど、二月の真冬日!寒くないわけがない!

画像


参加している裸男達も気合いを入れ叫びぶつかり合う様子は、普段の町内とは全く違う雰囲気。

ハナユメも裸のパパを見て、凄く不安顔。

4社を回った後は、普段車なら10分程で行ける大祭が行われる神社まで、2時間半もの時間をかけて向かいます。

私達とはここでさようならです。

ユメ、大泣きでした~。

心配だったんだよね。

夕方私達も大祭が行われる神社へ向かいました~。

もう凄い人!人!人!。

続々と参道を笹を持った裸男達が町内の旗を掲げやって来てましたが、全く見えない~。

なんとか二人を連れて見える場所に行きましたが結局パパさんは見られませんでした。

各町内の笹奉納が済んだ頃、桶隊が出てきて場内に水がまかれ、その後神男が登場!寒さもお祭りも最高潮!

裸男達は神男を触ると全ての厄が落とせると言われ、皆もみくちゃになりながら神男を目指します!

撒かれた水が蒸気となり立ち込め、その凄まじさと言ったら本当にスゴい!

神男が出た時点での裸男の数は一万人いたようで、1人の神男を触ろうとする光景はもう凄い迫力です。

パパさんは大丈夫かな、どこに居るんだろう?と思いながら、もしかしたら帰って来てるかも(笹奉納が済んで帰る人もいます)早く帰ってお風呂の準備もしなくちゃと早々に私達は帰ってきました。

神男が神殿に入って終わりなんですが、今年は土曜日とあってすごい人!お祭りもいつも以上の盛り上がりで神男がなかなか神殿に入らない!

待てども帰って来なくて、子供達も外を何度も覗いてはずっと心配顔。

凄いボロボロで帰ってくるよ~と聞いていたので・・・まだかまだかと待ってたんだよね。

『ただいま~』帰って来ました!

あれ!?思っていたより元気だぁ~(色々話を聞いていたので)。

でも見た目とは違って体はボロボロだったよう。

当たり前だよね・・・。

生の声を色々聞いて、やっぱり凄いお祭りだなぁと。

足が地に付かず、体が浮いていてもどんどん前に進んだんだって!

神男には触れなかったみたいだけど、近くまで行けたみたい。

なかなか見ることも出来ないって言うから凄い!

本当にお疲れさま~~。

翌日も皆に踏まえたと両足パンパンに腫れていましたが、お出かけしましたよ~~。

裸男として参加していた人が身に付けていた布は『なおい布』として厄除けになるようで、ハナユメも当日知らない裸
男に『ください!』と声をかけ何本か頂いてきましたが、我が家にはパパさんのもある!

画像


これで家内安全、無病息災、交通安全を願い、様々な難を追い払う事ができるかな~~。

良い年でありますように・・・。

さてさて、一番の大役を果たされた神男、このはだか祭りの後に執り行われる『夜儺追神事』が一番の重要な仕事だそうです。

説明書の抜粋ですが・・・。

昼間の激しいお祭が終わり、草木も眠る真夜中の午前三時に庁舎(ちょうや)にお
いて斎行されます。
儺負人(神男)に、天下の厄災を搗き込んだとされる土餅を背負わせ、御神宝の大鳴鈴(おおなるすず)や桃と柳の小枝で作られた礫(つぶて)にて追い立てて、境外へ追い出します。
追い出された儺負人(神男)は、家路につく途中土餅を捨てます。この土餅を神職の手により埋める事で、世に生じた罪穢悪鬼を土中に還し、国土の平穏を現出するのであります。
この神事が儺追神事の本義であり、称徳天皇の御世より現代に至るまで最も神聖視され重要視されています。

この歴史あるお祭り、これからも受け継いでいってほしいものです。

話が前後しますが~(笑)、パパがはだか祭りに参加中、ゆっくりのんびり焼いたのがヨーグルト酵母で牛乳角食。

画像


やっぱり自家製酵母パンのトーストは美味しいな~♪

クロワッサンも頻繁に焼いております!!

画像










夜儺追神事(よなおいしんじ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのトラックバック