♪♪パンリース♪♪

今年の漢字が発表されましたね~。

私、密かにこの『輪』という字じゃないかな・・・って思っていたんです!!

ココで発表しておけばよかった(笑)。

さて、いつも私の癒しの空間としてお世話になっているsatukiさんのパン教室に、とっても素敵なパンのリースがあるのです。

ちょうど10月のレッスンだったかな??このリースパンを教えて下さる先生とsatukiさんのレッスンでご一緒できて、その時ご一緒した他の生徒さんと、行きたいね!!!!!と盛り上がり、日程を組んで下さいました♪

とっても楽しみにしていた日がやってきました~。

作ってきたパンリースです♪

画像


baniraさんのお教室に伺うのは私は二度目、でもとっても久しぶりでした。

この日のレッスンは盛り沢山で、どれもすごく楽しみで♪♪

パンリースの他にクーゲルホフ(クグロフ)とベッコフと言うお料理。

クーゲルホフはクリスマスならではのイースト菓子。

私は普通の型は持っているけど、先生の所ではとっても可愛らしい陶器の型で!!

フランスアルザス地方のスフレンハイム焼きと言われる陶器で、一つ一つ職人さんが絵付をされるようで、すごく味わい深い型なんですよ~。

そしてもう一つ、ベッコフと言うお料理。

こちらも同じようにスフレンハイム焼きのベッコフ鍋を使用し、このお鍋もすごく可愛い~~♪

もう、どちらも欲しくなっちゃいました♪

ベッコフは、アルザス地方の郷土料理のようで、昔村の主婦が、パン屋さんのパンを焼き終えて余熱が残っている空いた窯に、家で準備したお鍋を入れさせてもらって、煮込み料理を作っていた・・・と言うのが始まりのお料理だそうです。

パンの蓋を密閉させるために粉を水で溶いた生地をくるりと巻きつけて焼きあげます。

これも、昔パン屋さんで余った生地をもらってやっていたようです。

生活の知恵からできたecoなお料理だったんですね。

パンリースとクーゲルホフを作る傍らで、このベッコフも教えて頂きました。

二時間程焼き続ける・・・時間のかかるお料理で、余熱を使っていた昔と違ってあまりecoではないけれど・・・焼いている途中からたまらない匂いが♪♪

パンリースはパン生地を使って四つ編みをします。

まずはロープで練習・・・そして本番!!

同じようにしているつもりでも、他の生徒さん達と皆それぞれ違う味わい深い形に。

焼き上がって、リボンで飾り付け。

先生のお家にあるパンリースのアレンジがとっても素敵で♪

画像


次はこんな風に作ってみたいな~。

まずは頂いたリボンで私はこんな感じに。

もう少し手を加え、今飾ってあるのは違う感じですが・・・こちらはまた後日upしますね~。

クーゲルホフもベッコフも焼き上がり、お楽しみなランチです。

画像


画像


クリスマスらしいテーブルセッティングにうっとり~。

画像


ベッコフもbaniraさんがこんな素敵に盛りつけて下さいました。

さあ、いただきま~す!!

お肉もホロホロ~、シンプルな味付けなのに、お肉やベーコン、お野菜それぞれのエキスが上手く調和されて、とっても美味しい~~♪

ベッコフ鍋がなくても、似たようなモノが他のお鍋でもできるかな??

クーゲルホフもとっても美味しい~。

画像


普通の型と陶器の型と食べ比べてみましたが、陶器で焼いたモノの方がしっとりふんわりしている気がしました。

クリスマス前にまた復習してみなくちゃ!!

パンリースも!!

baniraさんからアルザス地方のお話や、それにちなんだ本も紹介して下さり、とっても勉強になりました!!

アルザス・・・可愛らしくて素敵な街、いつか訪れてみたくなりました♪

とっても素敵な時間を、そして、また沢山の刺激を頂いて帰って来れました~。

ありがとうございました~。

何よりもbaniraさんの勉強熱心な所、とっても丁寧な手さばき・・・何から何まで勉強になりました。

私はまだまだだ・・・頑張らなくちゃ!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック